札幌市営住宅の応募倍率が低い団地ベスト5

札幌市営住宅の応募倍率が低い団地ベスト5のご案内。下記よりご確認ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

札幌市営住宅の定期募集「中期定期募集」9月3日(火)より受付が開始されます。今回は狙い目の低倍率団地についてご紹介。学区や職場それぞれの生活事情が異なりますが参考としていただければと思います。

過去にも倍率についての記事「札幌市営住宅の気になる倍率」を紹介しましたが、それから数年経って少子高齢や人口減が進んでいることや様々な生活環境の変化によって札幌市営住宅全体では、平均倍率が下がっている状況です。それでは直近の低倍率団地についてご紹介します。

札幌市営住宅の低倍率団地 ベスト5

団地別の応募状況(平成30年度)

団地名 倍率
応募倍率の高い団地 1 里塚 0.6倍
2 東川下N 0.7倍
3 富丘西 0.8倍
4 稲積N 0.9倍
4 清田 0.9倍

出典:財団法人 札幌市住宅管理公社サイトより

平均の為募集時期により募集割れもあります。

急いで部屋探しをしている方

カカクコムが運営する賃貸サイト「スマイティ」であれば、まとめて検索、資料請求できとても便利です。



価格.comの賃貸物件”一括検索”サイト「スマイティ」